持ち運び便利だから、どこでも英語を勉強できちゃう!

意外と少ない、旅先で使えるおもちゃ

 

ゴールデンウィークや夏休み、お正月など、長期の休暇の楽しみは、何といっても旅行ですよね。

 

子供が生まれると、なかなか独身時代や夫婦2人の頃のように、気ままに旅に出ることは難しくはなりますが、家族旅行は家族旅行で、とても良い思い出として、親子の心に刻み込まれます。

 

とはいうものの、子連れの旅行は、本当に大変です。
中でも、新幹線など公共交通機関を使っての長時間の移動は、親にとっても、子供にとっても、相当の忍耐力を必要とするものです。

 

グズグズという子供にうんざりしながらも、他のお客さんの迷惑にならないように気を使いながらの旅は、心の休まる間もありません。
子供の気に入りそうなシールやぬりえを用意しても、大した時間は持ちません。

 

かといって、たくさんの絵本やお気に入りのおもちゃを持っていこうとすると、
そうでなくても子連れの旅は荷物が多くなりがちなのに、収拾がつかないほどの大荷物になってしまいます。

 

音や光の出るおもちゃは、子供たちには好評ですが、他のお客さんに迷惑がかかるため、持っていくわけにはいきません。
このように考えて見ると、なかなか旅先で使えるおもちゃは少ないというのが、子育て中のお父さん、お母さんの実感なのではないでしょうか。

 

 

マナーも英語もこの一冊で

 

「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」は、こういった携帯用のグッズとしても大変便利です。

 

あれ?名前から考えると、音が出るため使えないのでは、と思いますよね。

 

私も初めはそう思っていましたが、何とこのペン、イヤホンが使えるのです!

 

おすすめ英語教材アルク

 

 

これなら、他のお客さんを気にせず、子供に使わせることができますね。

 

本の方も、特にプラスチック等でできているわけでもありませんので、通常の雑誌を持ち歩くのと同じように、マザーズバッグに忍ばせておくことが可能です。

 

おすすめ英語教材アルク

 

後は、子供がぐずり始めたら、サッと取り出して渡してやりましょう。
組み立ても必要なく、すぐに使えるのも嬉しいですよね。

 

何といっても、収録数は2000語ですから、ちょっとやそっとの移動距離では、全てを読み切ることはできません。

 

これで、大人も子供も快適に、家族旅行を楽しむことができますね。

 

おすすめ英語教材アルク

 

欧米の人々は、特に公共のマナーを重視します。
子供が電車やレストランなどで騒いでいると、その子供だけでなく、保護者も厳しく注意されたりすることがよくあります。

 

その良し悪しは議論のあるところですが、その国に住む人々のマナーや考え方、風習を学ぶことも、語学を学ぶこと以上に大切なことではないでしょうか。

 

英語だけではなく、欧米人の公共の場でのマナーについても、このアルクの「えいご絵じてん」をきっかけに、子供に学んでいってもらいたいですね。

 

 

 

実際に使ってみてアルクの教材はうちの子にピッタリの英語教材でした。

今は子供が上達するにつれて、私もついつい嬉しくなってしまいます。(笑)

大事なお子さんを持つ、多くのママさんに是非使っていただきたい教材です。

「アルクのえいご絵じてん」の詳細が気になる方は下のリンクへGO♪

 

>>音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん<<

 

 

 

≪英語だけじゃない!日本語学習にも

≫よく似たおもちゃとアルクの教材比較

教材ランキング2位『音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん』 関連記事