子供英語で、世界を広げる喜びを教えよう!

国際化社会と英語の重要性

 

自分自身の経験から、子供には、何とか使える英語を身に付けてほしいというのは、私たち親なら誰もが心に抱く願望ではないでしょうか。
ただ、英語で苦労したとはいっても、私たちの時代は、まだ、そこまで、英語の必要性に迫られてはいませんでした。

 

受験で有利、就職で有利という、「特技」といった認識が強かったのではないでしょうか。

 

けれども、子供たちが活躍する未来の日本では、英語は「特技」ではなく、「常識」に変わっているかもしれません。

 

2020年、東京での2度目のオリンピック開催が決まりました。
政府も、ますます、日本のグローバル化に力を入れていくことでしょう。

 

大学入試も、東京大学が、従来の春ではなく、アメリカやその他の国々に足並みをそろえ、秋入試の導入を検討し始めたというニュースは、記憶に新しいと思います。
一旦は先送りになったものの、私たちの子供たちが大学生になる頃までには、何らかの動きが生じるかもしれません

 

これも、日本の子供たちの学力低下を食い止め、留学や国際交流などを通じて、本当に世界で活躍できる人材を育成したいという狙いがあります。
このように、もはや英語は、身に付けていて当然の「武器」であり、丸腰では国際社会を舞台に、第一線で勝負することが出来なくなってきているのです。

 

 

英語を学ぶ喜びとは

 

とはいうものの、無理に一夜漬けで覚えた英語が、いかに役に立たないかは、私たち親の世代が誰よりもよく知っていますよね。

 

だからこそ、子供たちには、早くから、途切れることなく、楽しく英語に接し続けてほしいものです。

 

これまで、色々な特徴を挙げてきましたが、「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」の最大の特徴は、使えば使うほど子供たちの心を虜にするところです。

 

我が家でも、特に親が強制しなくても、子供たちが自らテキストを出してきて、タッチペン片手に、毎日英語の勉強をしていますが、驚くことに、1日目より、2日目、2日目よりも、1週間後…と、どんどん使用する時間が増えてきていることです。

 

子育て中の親なら、誰もが経験していることと思いますが、子供たちの飽きっぽさときたら、本当に物凄いですよね。
それが、好奇心の裏打ちだとは思うものの、ついこないだ買ってやったおもちゃが、リビングで埃を被っていると、処分するのももったいないし、正直、見るだけで親の方もげんなりしてしまいます。

 

ところが、このアルクの「えいご絵じてん」は、どんなに遊んでも、なかなか全てを遊びつくせないボリュームですから、子供たちは、「昨日の続き!」と自分たちで、飛びついてくれるわけです。

 

 

おすすめ英語教材アルク

 

 

本来、語学の勉強とは、きっと、こういうものなのでしょうね。

 

毎日、未知の物と出会うことで、飽くことなき探究心を刺激し、子供たちが、自分で自分の世界を広げていく。
これこそが、今、日本の文部科学省が模索している、英語教育の原点に違いありません。

 

この「えいご絵じてん」を通じて、大切な未来の日本を担う子供たちに、言葉を学び、世界を広げる喜びを伝えていきたいものですね。

 

 

おすすめ英語教材アルク

 

 

 

実際に使ってみてアルクの教材はうちの子にピッタリの英語教材でした。

今は子供が上達するにつれて、私もついつい嬉しくなってしまいます。(笑)

大事なお子さんを持つ、多くのママさんに是非使っていただきたい教材です。

「アルクのえいご絵じてん」の詳細が気になる方は下のリンクへGO♪

 

>>音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん<<

 

 

≪よく似たおもちゃとアルクの教材比較

教材ランキング2位『音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん』 関連記事