英単語を効率的にたくさん覚えさせられる!

たかが2000語、されど2000語

 

この教材のタイトル通り、この絵じてんには、2000語が収録されています。
とはいうものの、2000語とはどの程度なのか、すぐには見当が付きませんね。

 

私は、一応英検2級を持っているのですが、英検2級の必要単語数が、およそ4000語から5000語程度と言われています。

 

試しに数ページ、走り読みをしてみます。

 

全く知らないという訳ではないのですが、各ページに、「あぁ、そうだった!」と思わせられる単語が、さりげなく組み込まれています。

 

例えば、

 

おすすめ英語教材アルク

 

日本は、髭を伸ばす文化ではないので、なかなか馴染みがないですよね。
けれども、欧米の文化を知るためには、基本中の基本といえる単語です。

 

実は、ある進学塾のデータによりますと、公立中学校で3年間に教えられる単語数は、およそ1000語弱で、公立高校の入試に必要となるのが約1200語、私立高校で、およそ1500語から1800語、難関といわれる高校で、やっと2000語を超えるといわれているのです。

 

どうでしょう、子供用の教材だからとバカにはできませんね。

 

英検も、3級でおよそ2000語前後必要となりますので、「難関高校入試突破」「英検3級合格」というレベルまでの英単語をこの1冊で、一気に、子供たちにプレゼントできるという訳です。

 

おすすめ英語教材アルク

 

 

使える英語を意識した単語

 

ここまで単語の個数に注目して説明してきましたが、実際に使える英語を身に付けるためには、どんな単語であっても、数だけ十分覚えていればよいというものではありません。

 

特に、文部科学省も、今までの反省のもと、これからは、生きた英語を使える国際人を育成することを英語教育の原点と考えています。

 

この教材の目次を見れば、一目瞭然なのですが、

 

おすすめ英語教材アルク

 

アルファベット順などではなく、日常生活に沿った形で単語がまとめて掲載されています。

 

私たちも普段の生活で幾度も経験していると思いますが、全く関係のない単語をばらばらに覚えるよりも、関連付けて覚える方が、印象深く記憶に残ります。

 

例えば、「ゾウ、かばん、だいこん、洗濯機、トランプ」と脈絡なく言われても、
すぐ忘れてしまいますが、たとえこじつけであっても、「ゾウの柄のかばんの中で、だいこんがこぼれて汚れたから、洗濯機で洗う間、トランプをして待っていよう。」とストーリーにして関連付けた方が、よく覚えていられるのです。

 

「音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん」では、その辺りに配慮して、大きなテーマの中に、さらに細かく場面を設定し、効率よく単語を覚え、使いたいときに、スムーズに引き出せるよう工夫が凝らされています。

 

 

こんなところも意識しながら、子供に使える英語を学習させていくことができますね。

 

 

 

実際に使ってみてアルクの教材はうちの子にピッタリの英語教材でした。

今は子供が上達するにつれて、私もついつい嬉しくなってしまいます。(笑)

大事なお子さんを持つ、多くのママさんに是非使っていただきたい教材です。

「アルクのえいご絵じてん」の詳細が気になる方は下のリンクへGO♪

 

>>音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん<<

 

 

 

 

≪アルクのキャラクターが子供に人気?

≫アルクなら英会話の力が付く

教材ランキング2位『音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん』 関連記事