乳幼児の子供英語学習法

子供の成長や年齢に合わせた英語を教える

 

今、あなたの子供が取り組んでいる勉強法は、本当に子供の成長レベルと英語能力に相応しいものでしょうか。
もしかして、子供が最近、突然英語を嫌がるようになったのも、英語の学習法が合わなくなってきているかもしれませんよ。

 

子供英語と一括りで考えても、生まれたての赤ちゃんと、小学校の高学年では、好みや喜ぶ遊びも全く違います。
まずは、特に成長が著しい乳幼児期の英語学習法について考えていきたいと思います。

 

乳幼児期の子供は、ついこの間まで大好きだったおもちゃに興味を示さなかったり、少し前はうまく使いこなせなかったおもちゃが、いつの間にか使えるようになっていたり、と、まさに分刻みに変化していって、本当に驚かされることばかりですね。
それだけ成長著しい子供に、ただ口コミでの評判が良いからというだけの理由で、子供の成長段階に合わない英語学習法をさせていては、せっかくのお金も時間ももったいないばかりです。

 

特に、小学生などの場合と違って、自分でこんなことがしたいとか、こういう理由で嫌だとか、うまく説明できるわけではありませんので、親の細やかな配慮が、より必要になってくるといえるでしょう。

 

 

0歳・1歳におすすめの英語教材

 

この時期の子供は、何といっても耳から聞く能力が抜群です。
視力はほとんど見えていなくても、聴力はお母さんのお腹の中にいる段階で、既に完成しているといわれています。
その能力を英語学習にも生かしていきたいものです。

 

一番のおすすめは、CDによる英語の聞き流しです。
耳も脳も語学を学ぶ黄金期といわれるこの時期に、どれだけたくさんの英語の音に触れることができたかによって、将来の英語力が左右されることになります。

 

CDを聞き流す学習法は、ネイティブと同じように英語を勉強させてやりたいけれど、
自分はそこまで英語を使いこなせないし、と悩む保護者の強い味方になることでしょう。

 

 

 

2歳・3歳におすすめの英語教材

 

少し早いと感じるかもしれませんが、できることなら、この時期、子供英語スクールに通わせ始めるとちょうどよいかもしれません。

 

この年齢になると、子供たちは、言葉を爆発的に話し始めるようになります。
今までため込んできていた言葉の知識が溢れるように口をついて出てくる様子は、毎日見ている保護者も驚くほどでしょう。

 

このときに、日本語しか話さない環境にいると、せっかく0歳から英語の言葉をため込んでいても、使う機会がなくなり、溢れ出させるタイミングを失ってしまいます。

 

ちょうど幼稚園に行く前の経験にもなりますので、この年齢から英語スクールに通うことは子供たちにとって、大きなメリットがあるといえます。

 

 

 

4歳・5歳におすすめの英語教材

 

ほとんどの子供が、幼稚園や保育園など、何らかの集団生活に入る時期だと思います。

 

園での生活、色々な習い事など、インターナショナルスクールに通っているのでなければ、英語以外の活動が増え、英語に割ける時間が少し少なくなる時期ともいえます。

 

家でリラックスした時間に利用できる、英語教材やDVDなどはこの年齢にぴったりの学習方法といえるでしょう。

 

そうでなくても、この年頃になると、家ではTVを見たがることが増えてきます。
同じことならば、英語学習に役立つものを見て、小学校入学後の英語の授業に備えていくとよいでしょう。

 

 

≪英語教育、費用はいくら?

≫小学生の学年別英語学習

実社会に役立つ習い事 関連記事