子供英語は遊びながら覚えるのが一番!

遊びながら英語を学ぶ

 

子供は好きな遊びをしているとき、脳が通常の何倍も活性化するといわれています。
それなら、遊びを子供の英語学習に取り入れてみてはどうでしょうか。

 

日本でも、小さい子に言葉をたくさん覚えさせるために、しりとりをして遊んだり、早口言葉だじゃれを楽しんだりします。

 

英語圏の子供たちも、やはり同じように色々な遊びを通して英語のボキャブラリーをどんどんと増やしながら成長していきます。
英会話スクールや小学校の英語の授業でも、よく取り入れられるアクティビティと呼ばれる指導方法も、実はもともとは、英語の遊びをもとにしているというケースが多いのです。

 

子供たちに人気の英語の遊びをいくつか挙げてみますので、食いつきの良いものがありましたら、ぜひとも親子で楽しんでみてくださいね。

 

 

Head,Shoulders,Knees and Toes

 

とても有名な、「Head,Shoulders,Knees and Toes」の歌に合わせて、身体の部位をどんどん触っていきます。

 

途中、「eyes and ears and mouth and nose」と顔のパーツも加わり、日本語に置き換えて考えていると混乱してしまいます。

 

そのため、子供たちは、柔らかい脳を生かし、自然と日本語に訳さず、英語でそのまま覚えていくようになるのです。

 

スピードを速くしていって、みんなでちゃんと押さえられているか、競い合うのも面白そうですね。
もう一つこの遊びの良い点は、単数形複数形という日本語にはない概念も、知らないうちに身につけられるというところです。

 

まさに、机に向かっているだけでは覚えられない、生きた英語学習法です。

 

 

Tongue twister

 

Tongue twisterとはいわゆる早口言葉のことです。

 

「She sells sea shells by the sea shore.」、どうですか?

 

日本語の発音に慣れた私たち大人には、かなり難しい一文ですが、これがきれいに発音できれば、「S」に関しては、ほぼマスターできたと言えるでしょう。

 

子供たちは大人の何十倍も耳が柔軟ですから、今のうちからそういった早口言葉で遊んでおけば、将来発音で苦労することはなくなりそうです。

 

その他にも、「A big black bug bit a big black bear.」
「The rain in Spain stays mainly in the plain.」
など、本当に舌がもつれてしまいそうなものがたくさんあります。

 

発音の練習になるのはもちろんのこと、英語独特の言い回しを丸ごと暗唱できるので、文法の学習にもつながります。

 

 

数と色あて

 

箱とカラーボールもしくはおはじきを用意します。

 

子供に、まずは、「Two balls!」など、数を言って入れさせます。

 

上手にできるようになれば、次は、「Three yellow balls!」など、数と色を指定して、入れられるように繰り返し遊びます。

 

少ない数や赤青黄など基本的な色であれば、まだ話すことができない小さな子供でも楽しめます。
また、たくさんボールを用意して大きな数字をいったり、何種類かの色を組み合わせて指示すれば、小学生の子供でも手こずるかもしれません。

 

数と色は、あらゆる場面で登場する、最も基本的で重要な単語になります。

 

遊びながら、早いうちから身につけておくと、子供の英語学習にとって大変有利になってくるでしょう。

 

 

≪読み聞かせにおすすめ英語絵本

≫DVDのかけ流し学習

子供英語ランキングとおすすめ学習法 関連記事