子供の習い事はどれくらいの数がおすすめ?

子供にいくつ習わせる?

 

子供 習い事

 

子供の習い事は、ざっと考えただけでもたくさんの種類があります。
子供の将来のことを考えると、あれもこれも習わせたいというのが親心ですよね。
けれども、思いつくままに全て子供に習わせていると、子供は、一週間毎日習い事に通いづめ…ということになってしまい、乳幼児期に大切なお外遊びなど日常の体験をする機会が取れなくなるのも心配です。

 

子供の習い事は、いったいどれくらいの数が適切なのでしょうか。
子供の体力面や家庭の経済的な理由から、多くの保護者は、だいたい、週に2個ぐらいの習い事をさせるのがよいと考えているようです。

 

確かに、2個であれば、土日を除いて、5日間あるウィークデーに、
2日に1回行くぐらいのペースですので、一週間の予定も立てやすく、子供の負担も少なそうです。
土日にもう一つ習い事を入れて、3個というのが、現実的に、子供が掛け持ちできる限界ではないでしょうか。

 

あまりいくつもの習い事を欲張って通わせても、どれも中途半端になってしまう可能性が大きいです。
昔から、「器用貧乏」という言葉がありますが、どの分野でも、スペシャリストが求められる現代、2個か、多くても3個ぐらいの習い事に集中するほうが、良い結果につながりそうですね。

 

 

子供の習い事、取捨選択法

 

仮に、子供の習い事を2個選ぶとしても、魅力的な習い事が多くて、困ってしまいますね。
実際には、どのようにして、絞り込んでいけばよいのでしょうか。

 

一般的な選び方は、例えば、勉強系とスポーツ系文化系とスポーツ系など、分野の全く違う習い事を選択するという方法です。

 

男の子なら、スイミングと公文式、女の子なら、ピアノと英会話…といった具合です。
子供の興味や才能を最優先に、スポーツ系ばかり、とか、音楽系ばかり、という風に選んでも、
もちろん構いませんが、この時期は、子供の秘められた能力に親が気付いていないこともありますので、バランスよく習い事を選ぶのがおすすめです。

 

 

それでもやっぱりあれもこれも習わせたい!

 

そうはいっても、目移りしてしまう人は、いくつか習わせてみて、気に入らないものを削っていくというのも、一つの方法です。

 

普通に始めてしまうと、入会金が発生したり、辞めるのに気を使ってしまったりということも考えられるので、体験学習や、夏休みなど長期休暇の特別授業を利用してみると良いでしょう。
実際に、子供たちにいろいろな体験をさせてみて、その中で、子供が積極的に取り組むもの、親の目から見ても才能が有りそうなものを選んで、続けさせてみてはどうでしょうか。

 

 

 

≪子供の習い事の費用は? 

≫共働きの習い事の悩み

習い事の基本 関連記事