英語、サッカー、ピアノなど…人気のある習い事って?

習い事の種類は様々


子供の習い事と一言でいっても、色々な種類があります。
スポーツ系、文化系、勉強系など、分野も様々で多岐にわたっています。
また、昔からオーソドックスなものもあれば、最近になって人気が出てきたものもあり、数え上げればきりがありません。
様々な種類の習い事の中から、子供の興味に合ったもの、才能が有りそうなものを選んで、習わせてやりたいものですよね。
その中でも、特に親からも子供からも人気があるものを分野ごとに分けて、紹介していきたいと思います。


スポーツ系

子供 習い事


スポーツ系で、今も昔も変わらず人気があるのは、スイミングでしょう。
サッカーも依然、男の子の習い事として、支持を集めています。
サッカーに押され気味ですが、野球もお父さん世代には馴染みのある習い事です。
体操教室は、幼稚園と提携して、平常の預かり時間後に、幼稚園の課外授業として、習うことができるところも増えてきているようです。

その他にも、錦織圭選手石川遼選手など、若くして国際的に活躍する選手が増えてきていることからも、子供に、テニスゴルフなどを習わせたい親も増えてきています。
また、ただのスポーツとしてだけではなく、礼儀作法や精神も鍛えられることから、空手、柔道、合気道、剣道といった、武道系の習い事をさせる親も少なくありません。



文化系

子供 習い事


昔から女の子の習い事の定番が、ピアノ教室でしょう。
最近では、ピアノの準備段階として、リトミックを習うことも増えてきました。
ヴァイオリンエレクトーンといった楽器以外にも、ドラム、ギターなどを子供に教えてくれる教室も少しずつ増えてきているようです。

バレエは女の子の親ならば一度は憧れてしまう習い事かもしれません。
中学校での必修化に伴い、バレエ以外のダンススクールも人気があります。

ボイストレーニングなどに通う子供もたちも珍しくはなくなりました。

その他にも、書道絵画教室も、私たちの子供のころと同様、根強い人気を誇っています。



勉強系

子供 習い事


将来の勉強につながる習い事は、させておいて損はないと考える保護者が多いでしょう。
小学校低学年からの導入も検討されている英語は、いつも親が通わせたい習い事の上位に挙がります。
英会話教室や、オンライン英語等、その形態も様々です。

そろばん公文式といった昔ながらの習い事は、小学校入学までの基礎を固めるのには最適です。
また、学習塾も低年齢化が進み、幼児教室を利用する親もどんどん増えてきています。
外に連れ出すのが大変な乳児期であっても、通信講座なら、気軽に始められるとあって、特に人気があるようです。


≪子供の習い事はいつから?

 

≫子供の習い事の費用は?


習い事の基本 関連記事