子供に夢を!今後の英語の必要性を考えよう

子供の夢を叶えてくれるのは、英語力です

 

子供 習い事

 

あなたのお子さんの夢は何ですか?
野球選手、パイロット、ピアニスト、お医者さん…。
その夢をかなえるためには、必ず英語が必要になってきます。

 

今や、野球選手など、プロスポーツ選手も、海外で活躍する時代になりました。
ゴルフの石川選手は、インタービューのたびに英語が上手になっていくと、外国のメディアにも評判です。
また、イチローの活躍の背景には、英語が堪能な奥さんの存在が大きいということも、良く知られています。
医者になるためには、もちろん受験でも英語が必要ですし、実際に医者になった後も、論文などでは英語がつきものです。
それどころか、サラリーマンに対するアンケート調査の結果でも、英語ができる人は、平均で220万円も高い年収をもらっている、というデータも出ています。

 

どんな仕事をするにしても、英語の必要性は年々増加しているのです。
子供が将来、自分の夢の職業に就きたいと考えたとき、子供の頃に習わせた英語が強い武器となるのです。

 

 

2、小学校の必修英語でつまづく前に

 

平成23年度から、小学校での英語教育が始まりました。
子供に英語教育を受けさせる必要性は、どんどん高まってきています。

 

これまでの日本の英語教育は、文法が中心で、かなり難しい文章は読めても、実際に外国人と会話できる人はほとんどいないというのが現状でした。

 

高校受験でも大学受験でも、英語の勉強は嫌というほどさせられたのに、海外旅行のお土産を買うのにも一苦労したという経験を持つ人も、多いのではないでしょうか。
私たちの子供達の世代には、そんな思いをさせたくない。

 

小学校での英語教育は、そういった親御さんたちの願いをかなえるため、極力、英会話を中心としたコミュニケーション能力を高める授業になっています。
現在は、小学校の5年生、6年生のみが必修化されていますが、文部科学省は、早ければ数年以内にも、4年生以下の子供たちについても、英語を必修化したい考えです。

 

そういった世の中の流れに沿うように、小学校で習うまでに、子供に英語を習わせておいて、スムーズに授業についていけるようにしてやりたい、と考える人が増えてきています。

 

確かに、小学校の授業で、いきなり未知の言葉に触れるのと、幼いころから英語に親しみを持っているのとでは、子どもの戸惑いもまったく違います。
初めにつまづいて、中学高校、そして社会人になってからさえも、ずっと苦手意識を持ち続けるより、スタートダッシュで、得意科目にしてしまう方が、子供たちにとって、どれほど有益な財産となることでしょう。

 

 

≪将来役に立つ習い事

≫英語はいつから?

実社会で役立つ習い事 関連記事